マカオ法人設立について~なぜマカオが注目されているのか(1)~

今マカオで法人設立をされる方が増えています。その一番の理由として、税率(法人税+地方税)が最大12%と他国と比較して低いということがあげられます。また、所得税が最大でも12%と、他国に比較してこれも低いです。キャピタルゲインに対しても、非課税です。

このページをご覧になっているということは、オフショアや、タックスヘイブンなどに、おそらくご興味があると思います。

オフショアやタックスヘイブンと聞くと、香港やシンガポールに法人を作る人が多かったのですが、最近なぜマカオなのでしょうか。また、マカオ法人は、どうやって作るものなのでしょうか?

いくつかに分けて、掲載していければと思っております。

関連記事

カジノジャパン30号

カジノジャパン30号 詳細
シン・マカオ

特集:進化し続ける2016年の
マカオを徹底レポート

本誌独占インタビュー
1.Daisy Ho ディジー・ホー
2.ニラク・ジー・シー・ホールディングス
香港証券取引所 上場の奇跡

カジノとテクノロジー
カジノビジネスの近未来
日本IR実用化マニュアル
日本IRニュース2016年最新版
どうなる?IR推進法の行方

マカオの歴史
マカオのカジノ教育と日本のカジノ
MGSからロボットまで
日本人の知らないVIP
マカオに挑戦する日本人
など
ページ上部へ戻る