海外ニュースに流れる日本のIR関連ニュース

日本では、自民党から議員のチームは、すべての新しい統合カジノリゾートのライセンスおよび動作を管理するように設計された特定の法律を起草するために、今月後半に会議を開始すると伝えている。

レポートによると、衆議院の岩谷毅氏により主導され、インテグレートカジノリゾートに対して更に議論され新ルールと政策が検証される。大阪の松井知事と和歌山県知事仁坂吉伸氏が強くIR開設を望んでいる。またカジノ開設は横浜市長選挙の論点となっている。

その他、海外のカジノオペレーター、特にマカオのカジノオペレーターは日本への進出は考えていないようだ。スタンレーホー氏のSJMは全く考えていないし、MCEも以前は関心を持ち日本の大学に寄付等もしていたが、現時点では進出を考えていない。香港系のギャラクシーは少々動いているが、アメリカ系カジノ企業と比べると熱意は感じない。

関連記事

カジノジャパン30号

カジノジャパン30号 詳細
シン・マカオ

特集:進化し続ける2016年の
マカオを徹底レポート

本誌独占インタビュー
1.Daisy Ho ディジー・ホー
2.ニラク・ジー・シー・ホールディングス
香港証券取引所 上場の奇跡

カジノとテクノロジー
カジノビジネスの近未来
日本IR実用化マニュアル
日本IRニュース2016年最新版
どうなる?IR推進法の行方

マカオの歴史
マカオのカジノ教育と日本のカジノ
MGSからロボットまで
日本人の知らないVIP
マカオに挑戦する日本人
など
ページ上部へ戻る