フィリピンのオカダマニラのカジノフロアーに、インターブロックが大型マルティゲーミングマシンを設置

フィリピンのTiger Resort Leisure And Entertainment Incorporatedは、自動で様々ゲームをプレイできるマシーンテーブルゲームを開発社のインターブロックの手によりオカダマニラカジノリゾートにスタジアムをオープンしたとレポートした。

パチンコ&スロット業界で1980年代より活躍する日本のビジネスマン岡田和生氏は、369,428スクエアフィートの最初のオカダマニラのファーストステージを、2週間前に3000台のスロットマシンと500のテーブルゲームを開業したと言われている。

しかし、オカダマニラの開業については様々な憶測とニュースが流れており、カジノジャパン誌としては噂としてしか現時点ではレポートできない。

アジアゲーミングレポートによると、94席を備えたマルティゲーミングマシーンは、バカラ、ルーレット、シックボー、27インチのディスプレイと3人のディーラーによって運営される。

関連記事

カジノジャパン30号

カジノジャパン30号 詳細
シン・マカオ

特集:進化し続ける2016年の
マカオを徹底レポート

本誌独占インタビュー
1.Daisy Ho ディジー・ホー
2.ニラク・ジー・シー・ホールディングス
香港証券取引所 上場の奇跡

カジノとテクノロジー
カジノビジネスの近未来
日本IR実用化マニュアル
日本IRニュース2016年最新版
どうなる?IR推進法の行方

マカオの歴史
マカオのカジノ教育と日本のカジノ
MGSからロボットまで
日本人の知らないVIP
マカオに挑戦する日本人
など
ページ上部へ戻る