マカオビジネスネットとは

casino286

日本への外国人観光客数は、年間約1,600万人。
マカオへの外国人観光客数は、年間約3,000万人。
出典:日本政府観光局(JNTO) 2015 年 国籍別 / 目的別 訪日外客数( 確定値)
澳門特別行政區政府 統計暨普查局

マカオは1日約82,000 人の観光客数。
なぜ?マカオにこんなに人が来ているのだろうか?
日本人は、マカオで、どんなビジネスができるのだろうか?

これがマカオビジネスネットを考えた始まりでした。

マカオと言えば、あなたもご存じのとおり、カジノが注目されています。しかし、3000万人の観光客が、すべてカジノに行っているかといえば、必ずしもそうではありません。

確かにマカオの中心は、カジノだと思います。そして、それは紛れもない事実です。マカオで一番目立つ建物の一つであるグランドリスボアホテルは、形も色も、まさに豪華なイメージのカジノを象徴する建物だと感じます。

しかし、カジノでも、人がほとんど入っていないガラガラのカジノもあれば、いつ見ても観光客で溢れているカジノもあります。また、カジノでも、入っている客層が全然違います。

また、マカオではカジノ以外の場所にもたくさんの世界遺産があり、いたる所に人が集まっています。

カジノは検索すればいろんなサイトで出てきますが、カジノ以外のマカオって、いったい何があるんでしょうか?これだけ人が来ているマカオに、日本人が何かビジネスができないのか?どういったビジネスができるのか?そんなことを考えて、マカオビジネスネットを更新していけたらと思っています。

カジノジャパン30号

カジノジャパン30号 詳細
シン・マカオ

特集:進化し続ける2016年の
マカオを徹底レポート

本誌独占インタビュー
1.Daisy Ho ディジー・ホー
2.ニラク・ジー・シー・ホールディングス
香港証券取引所 上場の奇跡

カジノとテクノロジー
カジノビジネスの近未来
日本IR実用化マニュアル
日本IRニュース2016年最新版
どうなる?IR推進法の行方

マカオの歴史
マカオのカジノ教育と日本のカジノ
MGSからロボットまで
日本人の知らないVIP
マカオに挑戦する日本人
など
ページ上部へ戻る